Garoon

機能・サポート コミュニケーション

スペース・メッセージ・メールが
効率化する情報共有

用途に合わせたコミュニケーション
ツールで情報が整理される

大規模な組織の大量の情報のやりとりを、効率よく扱えるツールをGaroonは搭載しています。
モバイル端末からのコミュニケーションにも対応し、場所を選ばずスムーズに仕事できるようになります。

スペース

社内プロジェクトのやりとりに
最適なコミュニケーションツール

ユーザー間でスレッド、タスク、ファイルを共有

ディスカッションをフォルダー機能で細かく整理

こんな場合にも便利

ToDoを共有し担当者や進捗状況を可視化

「いいね!」・メンションなどの社内SNS機能

スペースはユーザー・部署を指定して複数作成できます。スペースごとに公開/非公開を選択可能。スペースのメンバーに共有したいことをテキストや表、画像で記入できます。

複数のディスカッション(スレッド)をフォルダーで分類できます。ディスカッションをフォルダー間、スペース間で移動できるので、組織やチームの体制変更にも対応可能。「!」アイコンで未読のディスカッションも判別できます。

各ToDoの締切日や担当者をひと目で確認できます。締切日のスケジュールにはToDo名が自動で表示されるので、タスクの抜け漏れを防ぎやすくなります。

スペース内のコメントには宛先指定機能があります。個人名だけでなく、部署やチームも宛先にできます。自分が宛先に含まれるコメントは自分宛の通知として受け取れます。「いいね!」のリアクションは任意の文言に変更可能です。

メッセージ

個人や特定メンバー間の
クローズドなやりとり

に適した
社内用メール機能

宛先に入ったメンバーだけでやり取り

「いいね!」や宛先指定を使いコメントでやりとり

こんな場合にも便利

宛先ごとに閲覧状況を確認

後に参加したメンバーもすぐに経緯を把握できる

メッセージではまず宛先を設定し、コメント形式でやりとりを進めます。宛先以外は閲覧できないので、公開したくないことや、軽く相談したい内容のやりとりに適しています。

メッセージ内のコメントでは、メッセージ自体の宛先に含まれたユーザーを選んで宛先指定できます。自分が宛先に含まれるコメントは自分宛の通知として受け取れます。「いいね!」のリアクションは任意の文言に変更可能です。

メッセージの宛先に指定したメンバーの閲覧状況や、閲覧日時、コメントの内容を確認できます。メッセージを受け取ったユーザーは「確認しました」ボタンを押すことで閲覧を記録できます。

メッセージは送信後でも宛先の変更が可能です。新たに宛先に追加されたメンバーも、過去のコメントのやり取りを閲覧できます。過去の経緯の説明や引き継ぎなどが楽になります。

メール

Garoon内で通知を受け取れる
Webメールクライアント

Garoonの中でメールの通知も受け取れる

条件指定でステータスとフォルダーを自動振分け

こんな場合にも便利

休暇中の自動メール転送も設定可能

複数のアカウントのメールを確認

3カラムのメールクライアントです。Garoon内部でメールの通知を受け取れるので、シームレスにメールを閲覧し業務を進められます。

メールのステータスやフォルダーを自動で振り分ける設定が保存できます。設定できる振り分け条件の詳細についてはヘルプをご覧ください。

複数のメールアカウントを設定して切り替えることができます。

スペース・メッセージ・メールの
違いとメリット

3つの機能の違い

  • スペース

    社内プロジェクトのやりとりに適した電子会議室

    社員同士でのみ利用可能

    公開/非公開を選択可能

    複数のスレッドでやりとりできる

    ToDoを共同管理できる

    便利な使い方

    チーム内の業務連絡・部署横断のプロジェクト管理など

  • メッセージ

    個人間の連絡で使いやすい社内メール機能

    社員同士でのみ利用可能

    宛先以外非公開

    1つのスレッドでやりとりする

    便利な使い方

    個人間の連絡・人事関連など公開できない相談・勤怠連絡など

  • メール

    Garoonで通知を受け取れるメールクライアント

    社内外に送付可能

    宛先以外非公開

    ※別途メールサーバーが必要です

    便利な使い方

    お客様や取引先との連絡など

社内外のツール使い分けで
情報漏えいリスクを低減

  • 社内外でメールを利用している場合

    社内と社外のやりとり、両方でメールを使用している場合、宛先ミスで社外秘の情報を漏らすリスクがあります。

  • Garoonを利用している場合

    社内のやりとりをGaroonのツールで行い、社外とのやりとりはメールで行うことで情報漏えいリスクを軽減できます。

メールと比べてサーバーの
記憶容量を圧迫しない

  • メールを利用している場合

    受信者ごとに新しいファイルができる

    1MBのファイルをメールで100人に送る場合、添付ファイルは複製されて全体で100MBもの記憶容量を消費することに。

  • Garoonを利用している場合

    添付ファイルは見に行くだけ

    Garoonのスペースやメッセージなら、1MBのファイルを100人に送信しても記憶容量の消費は1MBで済みます。