Garoon

特長 サイボウズ Officeとの
違い

Garoonとサイボウズ Officeの違いを
5つの視点で徹底比較
しました

こんな場合におすすめ!

  • 100名以上の企業で情報を共有したい
  • 部署や役職が多いので、細かい管理をしたい
  • 柔軟なアクセス権が必要
  • 社内の他のシステムと連携したい

こんな場合におすすめ!

  • 100名以下の企業で簡単に導入したい
  • まずはスケジュール共有からはじめたい

違いがわかる5つのポイント

ご利用
人数

10人~数万人

10人から数万人まで幅広い規模で利用実績があります。全社でのご利用が多いです。

100人までの組織におすすめ

100人以下の企業、部門・部署でのご利用が中心です。

管理機能

大規模組織対応

  • ・ きめ細やかなアクセス権の設定や、アクセスログの取得も可能。大企業の複雑な組織構造に合わせた運用が可能です。
  • ・ 他製品とのシングルサインオンが可能です。
  • ・ システム管理者から各部門の担当者などへ管理権限を委譲することができます。

小・中規模組織向け

  • ・ 少人数の組織での運用を想定したシンプルな管理機能を搭載しています。
  • ・ 組織や部署、役職などの階層によるユーザー管理、アクセス権管理には対応していません。
グローバル

日英中+
タイムゾーン

  • 日・英・中の3ヶ国語に対応しているため、外国人メンバーや海外の現地法人でも快適に利用できます。
  • ・ ユーザー自身が、個人設定で言語やタイムゾーンを変更できます。

日本語のみ

製品の対象言語は日本語のみです。

拡張性

kintone連携・
充実のAPI

  • ・ kintoneをはじめ、さまざまな製品と連携でき、ご利用中のシステムとシームレスにつながります。
  • ・ APIを利用したカスタマイズ性の高さで、自社に合わせた利用が可能です。

カスタムアプリ

サイボウズ Officeの1機能として、Webデータベース機能「カスタムアプリ」が利用できます。

※プレミアムコースのみのご利用となります。

価格

月額800円〜 /
1ユーザー

※クラウド版。
301ユーザー以上の場合。

スタンダードコース

月額500円 /
1ユーザー

プレミアムコース

月額800円〜 /
1ユーザー

製品に共通すること

日本の組織に合った、
利用しやすい
グループウェア
であること

詳しい比較資料はこちらから

クラウド版 サイボウズ Office 10 / Garoon 5 比較資料

クラウド版 サイボウズ
Office / Garoon
比較資料

クラウド版 Garoonとクラウド版 サイボウズ Officeの比較表や、詳しい機能の差異をご説明します。

ダウンロード(ppt)

パッケージ版 サイボウズ Office 10 / Garoon 5 比較資料

パッケージ版 サイボウズ
Office / Garoon
比較資料

パッケージ版 Garoon 5とパッケージ版 サイボウズ Office 10の比較表や、詳しい機能の差異をご説明します。

ダウンロード(ppt)

資料・動画をもっと見る

よくあるご質問

A

100名以上で利用したい場合、細かく管理機能を設定したい場合、他製品と連携したい場合はGaroonがおすすめです。サイボウズ OfficeからGaroonへの移行には費用が発生するため、Garoonをあらかじめ導入しておくことによってコストを抑えられるケースもあります。詳細はお問い合わせください。

A

できます。詳細はサイボウズ Officeからの移行を参照してください。

A

一部のデータは、ファイルでの入出力によって移行できます。すべてのデータを移行することはできません。詳細はクラウド版 Garoon よくあるご質問を参照してください。

A

恐れ入りますが、Garoonはカスタムアプリを搭載していません。Garoonに移行する際は、カスタムアプリ相当の機能を搭載するkintoneの併用をおすすめします。詳細はkintone連携を参照してください。

よくあるご質問を見る