Garoon

クラウド版

リリースノート

2020年11月8日 メンテナンス

追加機能

ポータル

  • ・HTMLポートレットを含むポータルテンプレートを追加。

スケジュール

  • ・予定の共有先を指定できる機能。
    • ・「公開先」を「共有先」に名称変更しました。
    • ・共有先に指定された予定を自分のスケジュールの一覧画面に表示できます。

      共有予定を自分のスケジュールの一覧画面に表示しないようにするには、システム管理の「一般設定」画面の「共有予定の表示」項目で、「スケジュールの一覧画面に表示する」のチェックボックスの選択を外してください。

  • ・予定のコメントに、返信機能を追加。

メール

  • ・Gmail、およびExchange Onlineの先進認証(OAuth 2.0)に対応。

    システム管理でOAuthクライアントを指定したメールサーバーの設定を行い、ユーザーが「メールアカウントの詳細」画面から認可操作を行うと、先進認証(OAuth 2.0)を利用したメールの送受信ができるようになります。

JavaScript API

  • ・メッセージのJavaScript APIの適用範囲に「下書きの編集/送信」画面を追加。

新機能アップデート紹介を見る

仕様変更

ポータル

  • ・スクリーンリーダー使用時に、読みたいポートレットに素早く移動できるよう、ポートレットに見出しを追加。

ワークフロー

  • ・「メニュー」項目、および「ラジオボタン」項目に、初期値を含めて60,000バイトまでの入力制限を追加。

マルチレポート

  • ・「メニュー」項目、および「ラジオボタン」項目に、初期値を含めて60,000バイトまでの入力制限を追加。

JavaScript API

  • ・スケジュールのevent オブジェクトにおける 「visibilityType」の「SET_PRIVATE_WATCHERS」を廃止。

REST API

  • ・スケジュールのevent オブジェクトにおける 「visibilityType」の「SET_PRIVATE_WATCHERS」を廃止。

SOAP API

  • ・スケジュールのEventTypeにおける「@public_type」の「qualified」を廃止。

不具合改修項目

スペース

  • ・カテゴリー追加時に「メモ」項目を設定していても、「カテゴリーの変更」画面で、内容が保持されず空欄になる。

スケジュール

  • ・モバイル表示で予定を削除すると、共有先に指定されたユーザーにメール通知が送信されない。

    2020年11月の定期メンテナンスで、「公開先」を「共有先」に名称変更しました。

  • ・コメントで宛先を検索して指定する際、予定の閲覧権限があっても、宛先の候補として表示されない。
  • ・システム管理で公開先のユーザーに通知する設定にしている、かつ、ユーザーが予定の公開先に組織またはロールを指定している場合、予定に関連づけられたレポートを作成しようとすると、エラー(PHP00099)が発生し、レポートを作成できない。

    2020年11月の定期メンテナンスで、「公開先」を「共有先」に名称変更しました。

通知一覧

  • ・「通知一覧」ポートレットで、マウスオーバーしていない通知の[既読にする]ボタンが表示される場合がある。

ワークフロー

  • ・1つの「ファイル」項目に複数のファイルが添付された申請データをCSVファイルに書き出すと、1件目のファイル名しか書き出されない。

JavaScript API

  • ・「メッセージの作成」画面で、エラーが発生すると、「message.body.create.show」のeventオブジェクトが初期化される。

SOAP API

  • ・API「WorkflowHandleApplications」で確認した申請が、未処理一覧に表示される場合がある。

その他

  • ・[Android Chromeの現象]モバイル表示のコメントで、宛先を検索して指定しようとすると、宛先の候補が3点リーダー「...」で表示される。

APIの変更点

その他

ワークフロー

  • ・申請フォームに経路分岐条件を設定しても、「申請経路のプレビュー」画面には反映されないことを「申請経路のプレビュー(ユーザー一覧)」画面に明記。

cybozu.com共通管理の変更点

仕様変更

  • ・動的グループの設定で指定できる日付の形式を、「YYYY-MM-DD」のみに変更。

    異なる形式を使用すると「YYYY-MM-DD」形式への修正を求めるメッセージが表示されます。

  • ・プロフィール画面やローカライズの画面などの言語を選択する画面で、言語の選択肢をその言語の使用者が選びやすい言語名に変更。
    • ・変更前:選択中の言語での言語名 例:英語
    • ・変更後:それぞれの言語での言語名 例:English (US)

ご利用中の方向けページ

アップデート情報やマニュアルサイト、よくあるご質問、
お問い合わせ先などの情報をまとめています