Garoon

クラウド版

新機能アップデート紹介

2021年2月14日 メンテナンス

スケジュール ワークフロー カスタマイズ

スケジュール

コメントにリアクション機能を搭載

予定のコメントにリアクション機能を搭載します。クリック一つで手軽にリアクションできるようになります。表示する文言は「いいね!」「了解です」「確認しました」など企業ごとに設定できます。

自分の書き込みに対するリアクションはヘッダーで通知されます。また、リアクションの数やリアクションをした人を確認できます。

自分の書き込みに対するリアクションはヘッダーで通知されます。また、リアクションの数やリアクションをした人を確認できます。

リアクション機能の利用可否はGaroonシステム管理から設定できます。詳細は以下をご覧ください。


リアクションの一般設定 | クラウド版 Garoon ヘルプ

スケジュールのリアクション機能の初期値は、2021年2月アップデート前のご利用状況によって異なります。
・メッセージと掲示板の両方でリアクション機能を利用している場合、スケジュールでの利用の初期値は「オン」になります。
・メッセージと掲示板のどちらか、または両方でリアクション機能の利用を許可していない場合、スケジュールでの利用の初期値は「オフ」になります。
・新たにクラウド版Garoonの利用を始めた場合、スケジュールでの利用の初期値は「オン」になります。

「予定の詳細」画面の主要箇所に見出しを付与

スクリーンリーダーを使って「予定の詳細」画面を閲覧する際、見出しで主要箇所を認識できるようになります。視覚障害のあるユーザーもポータルの構造を素早く把握し、必要な情報をより効率的に見つけられます。

日付を切り替えるためのボタンを読み上げ対象

スクリーンリーダーを使ってグループ週表示でスケジュールを閲覧する際、日付を切り替えるボタンがそれぞれ「前日」「翌日」などと読み上げられるようになります。視覚障害のあるユーザーもボタンを押す前に挙動を予想できます。

ワークフロー

カテゴリーごとの運用管理権限をCSVで書き出し、読み込み可能に

ワークフローのカテゴリーごとに設定できる運用管理権限について、CSVファイルでの書き出しと読み込みが可能になります。大規模組織でのGaroon導入や移行などの作業負荷が軽減されます。

カテゴリーごとの運用管理権限もCSVで書き出し、読み込みできるようになります。

カテゴリーごとの運用管理権限もCSVで書き出し、読み込みできるようになります。

カスタマイズ

画像アセットのファイルを更新可能に

これまで画像アセットのファイルを更新したい場合、一度該当の画像アセットを削除した後、新しいファイルを同じファイルキーで登録する必要がありました。更新機能の搭載により、削除と再登録の手間がなくなります。ファイルを更新しやすくなり、画像アセットを使用したカスタマイズをより便利にご利用いただけます。

新しいファイルを添付することで、画像アセットを更新できます。これまでのような、画像アセットを削除してから同一ファイルキーで登録するという手間がなくなります。

新しいファイルを添付することで、画像アセットを更新できます。これまでのような、画像アセットを削除してから同一ファイルキーで登録するという手間がなくなります。

画像アセットの概要は以下をご覧ください。


画像アセット | クラウド版 Garoon ヘルプ

Garoon JavaScript APIの仕様を変更

スケジュール、メッセージ、メール、またはワークフローで、JavaScript カスタマイズを適用していなくても、JavaScript APIを実行できるように変更します。APIの詳しい仕様については、cybozu developer networkをご覧ください。

リリースノートを見る

ご利用中の方向けページ

アップデート情報やマニュアルサイト、よくあるご質問、
お問い合わせ先などの情報をまとめています