Garoon

プラグイン

メール誤送信警告プラグイン

提供:サイボウズ株式会社

送信前のアラート表示で
メール誤送信のリスクを低減

メール送信前に警告のダイアログを表示し、誤送信の可能性がないかを注意喚起できるプラグインです。宛先の件数や添付ファイルの有無、特定のドメインが宛先に含まれているかどうかといった条件に応じて、警告のダイアログを表示できます。

利用例

  • ・宛先が一定件数を超えた場合、メールアドレスを再度確認するように警告を出す
  • ・メールにファイルが添付されている場合、添付ファイルが誤っていないか警告を出す
  • ・チェックリスト形式で誤送信のリスクがないかを確認してもらう

警告ダイアログの画面

設定した条件のいずれかを満たす場合、「メールの作成」画面で「送信する」をクリックしたときに警告ダイアログが表示されます。

警告ダイアログの画面

警告ダイアログの設定画面

警告ダイアログを表示する条件や、ダイアログ上で表示するメッセージなどを設定できます。

警告ダイアログの設定画面

プラグインを利用する

ZIP形式のプラグインファイルをダウンロードし、ご利用中のGaroonにプラグインを追加してください。ダウンロードする前に必ず利用規約を確認してください。複数のプラグインを使用する場合は競合する可能性がありますので、十分に検証を行った後に本運用を開始してください。

Garoonプラグイン利用規約

サイボウズ株式会社(以下「サイボウズ」といいます。)が提供するGaroonプラグインをご利用されるお客様は、本規約に基づいてGaroonプラグインをご利用ください。

お客様がGaroonプラグインの設定ファイルをダウンロードした時点で、本規約の内容に同意したものとし、お客様とサイボウズの間で本規約に基づく契約(以下「本契約」といいます。)が成立したものとみなします。法人その他の団体のため本契約を締結する個人は、当該団体のため本規約に有効に同意する権限を有しているものとします。

Garoonプラグインの利用に関しては、本規約に加えて、別の利用規約、ガイドラインまたはポリシーが適用される場合があります。Garoonプラグインの利用に関しては、「cybozu.comサービスご利用規約」(以下「サービス基本規約」といいます。)も適用されますが、本規約が優先して適用されます。

Garoonには、この他にも第三者によって開発されたプラグイン(以下「第三者プラグイン」といいます。)が提供されています。第三者プラグインの利用については、当該第三者プラグインを提供する第三者によって設けられた利用規約その他の条件の定めに従うものとし、本規約の対象外となります。

本規約に別途定義される場合および文脈上異なる意味に解釈すべき場合を除き、本規約において使用される用語は、サービス基本規約に定義される意味を有します。

(Garoonプラグイン)
第1条 「Garoonプラグイン」とは、クラウド版Garoon専用のプラグインをいい、当該プラグインがアップデート(アップグレード、バグ修正、パッチ適用その他エラー修正および新機能の提供を含みます。以下同じ。)されたものを含みます。

(ライセンス許諾)
第2条 サイボウズは、お客様が本規約およびサービス基本規約を遵守することを条件として、本規約に従ってお客様がGaroonを利用することに関して、Garoonプラグインを利用するための非独占的、譲渡不能および取消可能なライセンスをお客様に付与します。お客様は、その他の目的でGaroonプラグインを利用することはできません。
2 本規約に基づくライセンスは現在のところ無償で提供されています。ただし、サイボウズは、Garoonプラグインが今後も無償で提供され続けることを約束するものではありません。

(アップデート)
第3条 サイボウズは、その裁量により随時、Garoonプラグインのアップデートの開発または提供をすることができます。お客様は、アップデートの提供がサイボウズの義務ではないことに同意するものとします。お客様は、サイボウズが推奨する合理的な期間内に、すべてのアップデートをダウンロードおよびインストールするものとします。

(プラグイン提供の停止・廃止)
第4条 サイボウズは、その裁量によりいつでも、Garoonプラグインのすべてまたは特定の機能の提供を停止または廃止することができます。その場合は、サイボウズが適切と判断した方法でお客様にお知らせいたします。

(制限・禁止事項)
第5条 お客様は、Garoonプラグインを利用するにあたり、以下の行為を行なってはいけません。

 (1) Garoonプラグインを本規約で明示的に許容される利用目的および範囲を超えて、複製、改変、頒布、公衆送信、送信可能化する行為
 (2) Garoonプラグインに関連するドキュメントやプログラムの修正、翻訳、変更、改造、解析
 (3) サイボウズの許諾なく派生サービスを作成し配布する行為
 (4) サイボウズ、提携先、他のお客様、または第三者の知的財産権等を侵害する行為
 (5) サイボウズ、提携先、他のお客様、または第三者の知的財産権等を侵害する行為
 (6) サイボウズおよび第三者に不利益もしくは損害を与える行為、またはそのおそれのある行為
 (7) 公序良俗に反する行為
 (8) 法令に違反する行為や犯罪行為、それらを幇助する行為、またはそのおそれのある行為
 (9) Garoonプラグインに関する未公表の脆弱性情報をサイボウズの承諾無く公表する行為
 (10) Garoonプラグインおよびサイボウズが提供する全てのサービスの運営を妨げる行為、またはそのおそれのある行為
 (11) Garoonプラグインおよびサイボウズが提供する全てのサービスの信用・名誉等を毀損する行為またはそのおそれのある行為
 (12) その他、サイボウズが不適切と判断する行為

(免責事項)
第6条 お客様は、本規約で明記される場合を除き、Garoonプラグインの利用に関する全ての危険をお客様のみが負うことをここに確認し、同意するものとします。サイボウズは、本規約で明記される場合を除き、Garoonプラグインに含まれた機能がお客様の要求を満足させるものであること、Garoonプラグインが正常に作動すること、Garoonプラグインに瑕疵(いわゆるバグ、構造上の問題等を含みます。)が存していた場合に、これが修正されること、のいずれも保証しません。また、サイボウズの口頭または書面によるいかなる情報または助言も、新たな保証を行なうものではありません。サイボウズはGaroonプラグインの提供について、お客様の事前の許可なく変更・中止する場合があります。本契約締結時におけるGaroonプラグインと同等の利用環境を永続的に保証するものではありません。Garoonについて提供される保証またはサポートはGaroonプラグインには適用されません。

(責任の制限)
第7条 Garoon、Garoonプラグインおよびその関連サービスに関し、サイボウズに損害賠償責任が生じた場合の上限は、お客様に損害が発生した月に係る利用料の1ヶ月分相当額とします。ただし、いかなる場合であっても、不法行為、契約その他いかなる法的根拠による場合であっても、サイボウズは、お客様その他の第三者に対し、Garoonプラグインを利用したこと、または利用しなかったことにより発生した営業価値・営業利益の損失、業務の停止、コンピュータの故障による損害、その他あらゆる商業的損害・損失を含め一切の間接的、偶発的、特殊的、付随的、結果的または懲罰的損害について責任を負いません。サイボウズがそのような損害発生の可能性について事前に知らされていた場合、および直接損害の発生がサイボウズの責めに帰すべき事由によらない場合も同様とします。なお、お客様ご利用のGaroonプラグインが試用版、β版等である場合は、その損害がサイボウズの責に帰すべき事由によるか否かに関わらずサイボウズは一切責任を負いません。
2 お客様が本サービスの利用を通じて、サイボウズまたは第三者に対して損害を与えた場合、当該お客様は自己の費用負担と責任において当該損害を賠償するものとし、サイボウズに対しいかなる補償・補填も請求し得ないものとします。
3 Garoonプラグインの利用を通じて、お客様と第三者との間で紛争が生じた場合、お客様の責任において当該紛争を解決するものとし、サイボウズに対し、仲裁、照会その他のいかなる請求もできません。また、かかる紛争に関連して、お客様の故意または重過失により、サイボウズが当該第三者への賠償その他の損害(弁護士費用を含みます。)を被った場合、サイボウズはお客様に対し、当該損害額について求償できるものとします。

(知的財産権)
第8条 Garoonプラグインを構成する全てのプログラム、ソフトウェア、サービス、手続、文書、図面、ドキュメント、商標、商号等に関する所有権、著作権をはじめとするその他一切の知的財産権は、サイボウズおよびその供給者に帰属します。Garoonプラグイン、Garoonプラグインに関する図面、ドキュメントなどの文書は、著作権法およびその他の知的財産権に関する法律ならびに条約によって保護されています。したがって、お客様はこれらを他の著作物と同様に扱わなければなりません。なお、Garoonプラグインからアクセスされ表示・利用される各コンテンツについての知的財産権は、各情報コンテンツ提供会社の財産であり、著作権法およびその他の知的財産権に関する法律ならびに条約によって保護されています。

(ライセンス期間)
第9条 本契約に基づくライセンスは、次条に基づき本契約が終了するまでの期間継続します。

(契約解除)
第10条 サイボウズは、お客様が本規約のいずれかの条項に違反した場合、お客様に対してなんらの催告なくして本契約を即時解除することができます。
2 以下に掲げる事象のいずれかが発生した場合、当該事象の発生と同時に本契約は自動的に終了します。
 (1) お客様のGaroonのサービス契約が終了した場合
 (2) 本規約に基づきGaroonプラグインの提供が廃止された場合
3 お客様は、本契約が終了した場合、Garoonプラグインに関連するソフトウェア、構成部分、ドキュメントおよびその一切の複製物(バックアップ目的の複製物も含みますが、それに限られません。)を破棄および一切の記憶媒体(有体物か無体物かを問いません。)上から完全に消去するものとし、ならびに利用を継続しないものとします。

(譲渡・担保設定の禁止)
第11条 お客様は、Garoonプラグインの提供を受ける権利を譲渡、貸与、リース、質権その他担保の目的とすることのいずれも行なうことはできません。

(準拠法・裁判管轄)
第12条 本規約は法の抵触に関する原則の適用を除いて日本国の法律を準拠法とします。
2 お客様およびサイボウズは、本規約に関して紛争が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的管轄裁判所とすることに合意するものとします。

(規約の変更)
第13条 サイボウズは、本規約を変更および一部廃止することがあります。この場合には、本規約は、変更後の内容によります。本規約の変更および一部廃止がお客様の一般の利益に適合しない場合は、変更日の1ヶ月以上前にサイボウズが定める方法でお客様に通知するものとします。変更が有効になった後もお客様がGaroonプラグインのご利用を中止しない場合、変更後の契約条項がお客様に適用されます。

(その他)
第14条 本規約の条項が裁判所等によって無効または執行不能であると宣告された場合、本規約は当該裁判所等の法的要件に合致するように修正されるものとし、当該修正内容は自動的に本規約の一部になるものとします。修正が不可能な場合は、無効または執行不能な規定は削除されるものとし、これにより本規約で表される意図から相当な逸脱が生じない限り、本規約の残存規定は完全な効力を維持するものとします。この場合、お客様およびサイボウズは可能な限り無効または執行不能な規定の修正等に対応するものとします。

2021年3月11日制定

価格

種別 価格
ライセンス 無料

アップデート履歴

更新日 バージョン 変更内容
2021年9月28日 Ver1.0.0 ・プラグインを公開しました
2022年2月14日 Ver1.1.0 ・プラグインに提供元の情報を追加しました
・プラグインにプラグインコードを追加しました
・警告ダイアログ表示条件として「宛先のドメイン」を設定するときに、禁止リスト形式に加えて許可リスト形式でも設定できるようになりました

マニュアル

内容 参照先
プラグイン機能の操作方法 クラウド版 Garoonマニュアルを参照してください
メール誤送信警告プラグインの操作方法 メール誤送信警告プラグインのマニュアル(pdf)を参照してください

動作環境

Garoonのバージョン

形式 対応状況
クラウド版 利用可能
パッケージ版 利用不可

Webブラウザー

Webブラウザーの動作環境はGaroonの動作環境に準じます。クラウド版 Garoonの動作環境を参照してください。