今年こそ、Notesからの移行を進めたい企業の方向け サイボウズで実現するNotesマイグレーション

Notesを利用していて、こんなことで困っていませんか?

サイボウズに移行すれば
これらの課題をまとめて解決!

移行することで得られる4つのメリット

  • 1運用管理の工数削減
    「ガルーン」はほとんどの操作をGUI上で実行できる、ノンプログラミングで管理が容易なパッケージソフトです。Notesスクリプトのように特別なスクリプトを記述して作成したり、プログラムコードのメンテナンスをする必要はありません。
  • 2システムメンテナンス
    の費用削減
    仕事に合わせてカスタマイズ自由にアプリケーションを作れる「kintone」を連携することで「Notes」で利用していたデータやプロセス管理などの業務にも対応できます。
  • 3使い勝手が今すぐ向上
    使い勝手の良いインターフェースで、教育コストをかけず全社に展開が可能です。利用率が上がることで、業務効率の向上につなげることができます。
  • 4システム環境に依存しない
    ワークスタイルの実現
    「ガルーン」をブラウザー経由で利用できるスマートフォン専用画面やスマートフォン専用アプリケーションを通して、場所を選ばず快適に仕事ができます。

既存のデータも移行できるの?

Notesのグループウェア機能は「ガルーン」に移行できます

Notesの「データベースやアプリ」はオプションの「kintone」に移行できます

複雑なDBやアプリの移行先には「kintone」を推奨します。サイボウズ製品のため、「ガルーン」との連携もスムーズです。
その他、ご要件に応じて他システムでの開発も可能です。

Notes からの移行 よくあるご質問

データ移行の費用はどのくらいですか?

条件により大幅に変動するためまずはお客様の環境について伺わせてください。
主な変動要因としては、データ容量、テンプレート数(ntfファイル)、DB数(nsfファイル数)、複雑度、移行先アプリ数などです。
長期的にみればバージョンアップのライセンスフィーで元が取れる傾向があります。また、CSVの入力機能によりお客様自身で移行作業を実施いただくことで、費用を圧縮できるケースもございます。

データ移行の期間はどのくらいですか?

条件により大幅に異なりますが、例をご紹介します。
期間:5ヶ月
ユーザー数:約:6,000
業種:官公庁
主な実施内容:移行前調査・移行用PG作製・移行作業
主な移行内容:掲示板DB
移行対象Notes掲示板DB数:500強

データ移行可能なNotesのバージョンは?

移行できるのは基本的に Notes 6.5 以降のバージョンです。データベースの構造や検証の結果、6.5より低いバージョンでも移行できる場合もありますのでまずはご相談ください。

移行先はガルーンのクラウド版?パッケージ版?

パッケージ版でもクラウド版でもどちらにでも移行できます。両者の違いについては、「パッケージ版ガルーンからクラウド版へ」ページをご覧ください。

移行事例

Notesからクラウド版「ガルーン」+「kintone」へ

ワークフローアプリと基幹システムの連携でNotes時代と変わらぬ利便性を実現。

中野製薬株式会社 様

この事例を見る

20年使ったNotesのリプレイスに成功。
効率的かつセキュアな情報プラットフォームを選定。

ゼブラ株式会社 様

この事例を見る

Notes移行の最適解として選ばれたガルーン+kintone。 紙ベースの業務を刷新、保守の負担も軽減。

サンコール株式会社 様

この事例を見る