アップデート情報(パッケージ版)

最新版のポイント
(サイボウズ ガルーン 4.0)

スマートフォン画面

スマートフォン用の画面を新たに開発しました。

スマートフォンのブラウザーからも「ガルーン」にアクセスし、業務を行えるようになりました。モバイルアプリ「KUNAI」とは違い、端末にデータを持たせることなく利用できます。社外にいても、快適に「ガルーン」の情報を閲覧し、コメントを書き込めます。

スケジュール

ドラッグ&ドロップで予定変更が可能に

個人週/個人日予定をドラッグ&ドロップで変更できるようになります。この機能を活用すると、予定の変更や時間の延長をより手軽に行えます。

スケジュールの色分け機能

例えば、会議の予定は青、外出はピンク、出張はオレンジ、というように色分けして予定を表示することで、よりスケジュールが見やすくなります。

個人日/個人週のインターフェイスを改善

個人日/個人週のユーザーインターフェイスを改善しました。画面幅のムダをなくし、予定が重なったときも見やすさを損ないません。

繰り返し予定の重複がわかりやすくなりました

会議室を含む繰り返し予定を設定しようとしたときに、どの日付で重なってしまったのかがわかるようになりました。該当の日程だけを外して登録する、時間や施設を変更するなどの次のアクションが取りやすくなります。

終了時刻の自動入力

スケジュール登録時に、開始時間を設定すると、終了時間に一時間後の時刻が自動的に入力されるようになりました。一般的なスケジュール登録では入力の手間を削減することができます。

予定にファイルを添付できるようになりました。

スケジュールの登録画面から、ファイルを予定に添付できるようになりました。「営業先に持っていく資料を、予定とひも付けて登録したい」「会議に使う資料を事前に参加者に共有したい」といった場面で活躍する機能です。

スペース

リアクション機能の搭載

スペースにリアクション機能が搭載されました。本文やコメントの書き込みに対して、クリック一つで反応することができます。表示する文言は、「いいね!」「了解です」「確認しました」など企業ごとに設定することができます。

公開スペースのフォロー

自分がメンバーになっていない公開スペースの通知を受け取ることができるようになりました。仕事の参考になりそうなディスカッションをフォローすることで、効率よく情報収集できます。

管理者権限を搭載

スペースに管理者を設定することができるようになりました。スペース管理者は、メンバーの変更、コメントの削除、ディスカッションの削除、スペースの削除の権限を持ちます。スペースメンバーがうっかり削除してしまったり、非公開スペースに意図しないメンバー追加をしてしまうリスクが防げます。

スペースの再利用が可能に

スペースの再利用ができるようになりました。過去に作成したスペースのスペース名やメンバー、ディスカッションなどを引き継いで、新しいスペースを作ることができます。過去のプロジェクトと類似したプロジェクトに関わるときや、定期的に発生するタスクで利用するときに、手間を掛けずにスペースを作成できます。

ポータル

ドラッグ&ドロップでポータル設計が可能に

ドラッグ&ドロップでポータルを作成できるようになりました。データが入った状態で設計できるのでイメージしやすく、表示順の変更も手軽に行えます。また、ポートレットの絞り込みができるようになったので、目的のポートレットを探しやすくなりました。

※ ポートレットとは、ポータルを構成する一つひとつのパーツのことです。アプリケーションごとに用意された標準ポートレットに加え、HTMLを利用して自社専用ポートレットを作成することができます。

ポータルの幅指定

ポータルのレイアウトを任意の幅に指定できるようになりました。これまでは、それぞれのポートレットに表示される情報量によって幅が決まっていましたが、思い通りのレイアウトでポータルを作成できます。

枠/背景パーツの搭載

設定するだけで見やすい背景が適用されたお知らせを掲載できるようになりました。これまでよりも簡単に、見やすいポートレットを作成できます。

メール

3ペインのメールビューを利用できるようになりました

Emailをクライアントメーラーのような3ペインビューで利用できるようになりました。メールはマウスでの選択に加えて、キーボードの「↑」「↓」や「J」「k」キーで移動することができます。右の画面に、選択したメールの画面が表示されます。
もちろん、これまでの2ペインビューも引き続き利用できます。メール画面にある切り替えボタンで簡単に変更できます。

インクリメンタルサーチの強化

インクリメンタルサーチがパワーアップしました。これまでは、アドレス帳に登録されている宛先が候補として自動的に表示されていましたが、新たに過去に送信したメールアドレスも検索対象となります。

既読メールを未読に戻せるようになりました

一度閲覧したメールを、背景が黄色く、太字の未読表示に戻せるようになりました。受け取ったメールをすぐに処理できないときも、未読状態に戻しておくことで対応漏れを防ぐことができます。

受信メールの自動転送機能が搭載されました

あらかじめ設定した条件にあてはまるメールを、受信時に自動転送できるようになりました。自動転送機能を活用することで、特定のお客様から送られてきたメールは上長にも転送する、長期休みの前にはチームメンバーにメールを転送するなど、きめ細かい対応が可能になります。

一覧画面で受信時間を確認できるようになりました

お客様からいただいたご要望にお応えして、一覧画面で受信時刻を確認できるようになりました。当日のメールは、受信時刻のみ、その日以前のメールは受信した日付と時刻が表示されます。

画面デザイン

画面デザインの追加

新デザインが12種類搭載されました。27種類のデザインの中から、毎日使う「ガルーン」にピッタリのお気に入りのデザインを見つけてください。

大きな画像のサムネイル

スペースで先行して搭載されていた、大きな画像を自動的に縮小して表示する機能が、メッセージや掲示板、メールでも利用できるようになりました。うっかり大きな画像を添付してしまっても、適度なサイズで表示されます。

ファイル管理

ファイルの表示順の初期値設定

これまで更新日時の降順に固定されていた表示順の初期値を、「タイトル」「ファイル名」「更新日時」の昇順・降順から選べるようになりました。社内規程などを掲載する際に、条項順に並べることができます。

削除したフォルダの保存

ファイル管理のフォルダを削除しても、一定期間保存できるようになりました。保存期間は、1~10日から選択できます。誤ってフォルダを削除してしまったときも安心です。

管理機能

組織の事前設定

組織変更後の組織情報を、日時を指定して反映することができるようになりました。未来の組織図を設定しておくことができるので、組織変更時の管理者負担を軽減します。

アプリケーション利用ユーザーの設定

アプリケーションごとに利用ユーザーを設定できるようになりました。ロール、組織、ユーザーを対象に、利用アプリを制御できます。派遣社員にはアドレス帳を見せたくない、新しい機能は特定の組織で試験運用してから公開したい、といった運用が可能です。

スケーラビリティの強化

スケジュール一覧の表示速度を改善

1組織に所属する人数が多い場合に、スケジュールの一覧画面の読み込みが遅くなる問題を解消し、快適にご利用いただけるようになりました。

メッセージの宛先に1,000名程度設定することが可能に

これまで、メッセージの宛先は100名までをおすすめしていましたが、1,000名程度でも快適なレスポンスでご利用いただけるようになりました。

「Garoon」をご利用中の管理者の方へ

新機能を利用するためには、バージョンアップ後にシステム管理メニューでの設定が必要です。

スマートフォン画面を利用する
設定方法
  1. 1.Administrators グループ(ロール)に所属しているガルーンのアカウントでシステム管理画面にアクセスする
  2. 2.システム管理(基本システムの管理) > 画面 > 一般設定にアクセスする
  3. 3."モバイル表示 "のチェックボックスの"許可する"にチェックを入れる

スケジュールのドラッグ&ドロップを使用する
設定方法
  1. 1.Administrators グループ(ロール)に所属しているガルーンのアカウントでシステム管理画面にアクセスする
  2. 2.システム管理(各アプリケーション) > スケジュール > 一般設定にアクセスする
  3. 3.”ドラッグアンドドロップの使用”を”許可する”にチェックを入れる

スケジュールの色分け機能を使用する
設定方法
  1. 1.Administrators グループ(ロール)に所属しているガルーンのアカウントでシステム管理画面にアクセスする
  2. 2.システム管理(各アプリケーション) > スケジュール > 予定メニューの設定にアクセスする
  3. 3.各予定メニューの色を変更する

※すでに登録済みのスケジュールには反映されません。新規登録または予定メニューを変更した予定に色がつきます。

予定にファイルを添付できる機能を利用する
設定方法
  1. 1.Administrators グループ(ロール)に所属しているガルーンのアカウントでシステム管理画面にアクセスする
  2. 2.システム管理(各アプリケーション) > スケジュール > 一般設定にアクセスする
  3. 3."ファイルの添付 "のチェックボックスの"許可する"にチェックを入れる

リアクション機能を使用する
設定方法
  1. 1.Administrators グループ(ロール)に所属しているガルーンのアカウントでシステム管理画面にアクセスする
  2. 2.システム管理(基本システム) > アプリケーション > アプリケーション一覧にアクセスする
  3. 3.アプリケーションID”favour”を”使用開始”する

※ 文言を変更する場合は、”名称”を選択してアプリケーション名の変更画面で任意の文言を入力してください。

メールの自動転送機能を利用する
設定方法
  1. 1.Administrators グループ(ロール)に所属しているガルーンのアカウントでシステム管理画面にアクセスする
  2. 2.システム管理(各アプリケーション) > メール > 一般設定にアクセスする
  3. 3."メールの自動転送 "のラジオボタンを"許可しない"から"許可する"に変更する

その他の変更点はアップデート情報をご覧ください。