アップデート情報(クラウド版)

2020年6月14日 定期メンテナンスにおける変更点

cybozu.com共通管理の変更点

(2020/6/16 追記)
障害が発生したため、2020年6月の定期メンテナンスで実施した下記の変更を取り下げました。
cybozu.com共通管理は、2020年6月の定期メンテナンス前の状態に戻っています。
詳細は、サイボウズからのお知らせをご覧ください。

(2020/6/29 追記)
メンテナンスを実施しました。

仕様変更

  • サードパーティーCookieを拒否するWebブラウザーでも、cybozu.com共通管理で設定すれば、cybozu.comのページを外部サイトに表示できるようにしました。
    それによる変更点は次のとおりです。
  • 設定の項目名を変更しました。
  • 変更前:クリックジャッキングからの保護
  • 変更後:外部サイトへの埋め込み
  • 設定によって、Cookieとサーバーのレスポンスヘッダーが変わります。
  • 外部サイトへの埋め込みが無効の場合:
  • Cookieに「SameSite=Lax」が追加される
  • レスポンスヘッダーに「X-Frame-Options: SAMEORIGIN」が追加される
  • 外部サイトへの埋め込みが有効の場合:
    Cookieに「SameSite=None」が追加される
  • Internet Explorer 11をお使いの場合:
    CookieにSameSite属性は追加されません。
  • Webブラウザーによる制限事項
  • Safari 13:
    「サイト越えトラッキングを防ぐ」が有効の場合は、iframeで表示できません。
    外部サイトに埋め込んだcybozu.comのページを表示するには、Safariの設定で「サイト越えトラッキングを防ぐ」を無効にする必要があります。
  • Safari 12:
    「サイト越えトラッキングを防ぐ」の設定にかかわらず、iframeで表示できません。

不具合改修項目

  • JSON形式のリクエストボディーにlocaleパラメーターを指定せずにAPIでユーザー情報を更新すると、ユーザーの使用言語が「Webブラウザーの設定に従う」に変更されてしまう不具合を改修しました。
    詳細は『cybozu developer network』を確認してください。
    2020/6/14の定期メンテナンスにおけるAPI更新情報