アップデート情報(クラウド版)

2015年12月13日 定期メンテナンスにおける変更点

改修された不具合

ポータル

  • 「掲示板」ポートレットのカテゴリーに「ルート」が設定されている場合、ルートへのリンクをクリックすると、「掲示板」画面でルート以外のカテゴリーが選択される場合がある。
  • 「スケジュール(グループ週表示)」ポートレットで日送りボタンをクリックすると、誤った形式で日付が表示される。
  • 「お知らせ」ポートレットの文字列の配置を中央揃えに設定しても、左揃えで表示される。

スペース

  • 複数のディスカッションが設定されているスペースを再利用する場合、「スペースの再利用」画面で、ディスカッションの文字列部分をクリックすると、ほかのディスカッションのチェックボックスが選択される。
  • メンバーを変更した際に送信される通知の送信日時に、スペースの更新日時ではなく作成日時が表示される。

こちらの項目への対応は2016年1月に変更になりました

  • 「アプリの追加 Step 1/2」画面からアプリを作成し、「アプリの追加 Step 2/2」画面で[追加する]をクリックすると、エラー(GRN_KINTONE_00006)が発生する。

スケジュール

  • [Internet Explorer 11の現象]「月表示」画面で月送りボタンをクリックすると、JavaScriptエラーが発生する。
  • [Mozilla Firefoxの現象]予定の簡易登録のポップアップウィンドウで右クリックし、コンテキストメニューを表示すると、ポップアップウィンドウが閉じてしまう。
  • 「月表示」画面で、カレンダーの右端に表示される日に開始し、翌日の0時に終了する予定が、翌日の欄にも重複して表示される。
  • スケジュールが使用停止になっていると、ドロップダウンリストの表示件数を変更しても、変更した内容が保存されない。
  • 「予定の登録」画面で、利用申請が必要な施設を2つ以上追加して、表示順を変更したあと、そのうちの1つを削除すると、「施設の利用目的」欄が表示されなくなる場合がある。
  • 「アクセス権の追加」画面で、「組織/ユーザー」の[+]や[-]をクリックすると、エラー(GRN_CMMN_00004)が発生する場合がある。
  • 中国語で繰り返し予定の「予定の変更」画面を表示すると、繰り返し条件に不適切な文言が表示される場合がある。
  • 開始時刻に終了時刻よりあとの時刻を設定し、施設を含む予定を登録すると、不適切なエラー(GRN_SCHD_13207)が発生する。
  • 「予定の調整」画面で、Webブラウザーの戻るボタン、進むボタンの順にクリックしたあと、[キャンセルする]をクリックすると、エラーが発生する。
  • 予定をiCalendarファイルに書き出すと、「VEVENT」項目にUID(カレンダーのデータを識別する一意のコード)が出力されない。

メッセージ

  • 受信者によって削除されたメッセージを再利用すると、メッセージを削除したユーザーが宛先に表示されない。
    この不具合は、オプションの「別のメッセージを送る」を選択した場合にも発生します。
  • [Internet Explorer 10/11の現象]コメントに文字列を入力したあと、タブキーで[ファイルを添付]に移動してEnterキーを押すと、[書き込む]をクリックしていないにもかかわらず、コメントが書き込まれる。
  • ごみ箱に保存された下書きのメッセージを削除できない場合がある。

電話メモ

  • 「アクセス権の追加」画面で、「組織/ユーザー」の[+]や[-]をクリックすると、エラー(GRN_CMMN_00004)が発生する場合がある。

アドレス帳

  • ユーザー名簿でユーザーを検索する際、ユーザー情報の「別言語での表示名」に設定されている表示名で検索できない。
    この不具合は、次の機能でも発生します。
    • メールの宛先アドレスの選択
    • メールのアドレス入力欄でのインクリメンタルサーチ

メール

  • メールの自動受信がユーザーデータを削除されていないユーザーで実行される。
  • Outlookの会議出席依頼のメールを受信すると、Descriptionの内容がデコードされない場合がある。
  • Base64でエンコードされ、Subjectに含まれるマルチバイト文字が2行に渡るメールを読み込むと、読み込んだメールの標題が正しく表示されない。
  • ユーザー情報の「別言語での表示名」に名前が設定されている場合、「言語」にどの言語が設定されていても、アドレス入力欄のインクリメンタルサーチによる入力候補が、常に「別言語での表示名」の名前で表示される。
  • 暗号化通信にTLSを使用するメールサーバーを利用している場合、自動転送の条件を満たすメールを1度に2件以上受信しても1件しか転送されず、かつ転送したメールが送信箱に残らない。

お気に入り

  • [Internet Explorer 11の現象]お気に入りの数が上限値を超えても、エラー(GRN_STAR_49001)が発生せず、空白の画面が表示される。
  • アクセス権が設定されているカテゴリーのレポートフォームを使用したレポートをお気に入りに登録している場合、「お気に入り」画面を表示すると、エラー(PHP00004)が発生する場合がある。

ワークフロー

  • 申請経路の1つの経路ステップに複数の承認者が設定されている場合、一覧画面を表示する操作と、申請の承認が同時に行われると、エラー(Lock wait timeout)が発生する。
  • 「Everyone」ロールにワークフローの利用が許可されていない場合、申請時に経路を設定する際、回覧経路の最後の経路ステップに設定された「(省略)」が表示されない場合がある。
  • 「申請の作成(経路の設定) 」画面で、承認経路の経路ステップの初期値に設定されているユーザーが、処理者の欄に表示されない場合がある。
  • 「画面」の「一般設定」画面で「差出人/受取人等を表示する幅」に設定した文字数が、「申請者」欄や「承認者」欄に反映されない。

マルチレポート

  • 「レポートの管理」画面で、レポートをCSVファイルに書き出すと、操作したユーザー本人の下書きのレポートも書き出される。
  • 下書きのレポートを再利用した場合、「レポートの作成(内容の確認)」画面でパンくずリストの[レポートの詳細]をクリックすると、エラー(GRN_RPRT_31152)が発生する。
  • ユーザー画面の「添付ファイルの更新」画面で、ファイルに関するバリデーションエラーが発生すると、ファイルを添付し直しても「ファイルをアップロードできません」と表示される場合がある。
    この不具合は、システム管理画面の「添付ファイルの編集」画面でも発生します。
  • 「画面」の「一般設定」画面で「差出人/受取人等を表示する幅」に設定した文字数が、「作成者」欄に反映されない。
  • レポートの印刷用画面に作成者が表示されない。
  • 下書きのレポートの「印刷の設定」画面で[戻る]をクリックすると、エラー(GRN_RPRT_31152)が発生し、「下書きの詳細」画面に戻れない。

ケータイ

  • ワークフローで、承認された申請をほかの処理者が確認しても、確認済みにならない。

KUNAI

  • 施設が設定されている仮予定にコメントを書き込むと、エラー(PHP00004)が発生して書き込みに失敗する。

モバイル表示

  • [Android Chromeの現象]メールの宛先に何も入力せずに[送信]をタップすると、画面がフリーズする。
  • [iOS Safari/Android Chromeの現象]宛先に不正なメールアドレスを入力してエラー(GRN_MAIL_24171)が発生すると、誤ったフォーマットでエラーメッセージが表示される場合がある。
    この不具合は、メールの本文に「'」が含まれている場合に発生します。
  • [iOS Safari/Android Chromeの現象]申請に添付されたファイルをタップすると、エラー(GRN_WRKF_25251)が発生する。

連携 API

  • MailGetMailsByIdを使用して取得したメールのサイズが大きいと、PHPエラーが発生する場合がある。
  • WorkflowHandleApplicationsを使用してKUNAIから申請を承認する場合、項目タイプが異なる必須項目が2つ以上申請に含まれていると、必須項目に値が設定されていてもエラー(GRN_WRKF_25850)が発生する場合がある。
  • MailModifyFoldersを使用すると、受信箱や送信箱など、フォルダーを追加できないフォルダーにフォルダーを追加できる。

cybozu.com共通管理の変更点

こちらの項目への対応は2016年1月に変更になりました

Garoonに関連するcybozu.com共通管理の変更点です。

追加された機能

  • APIのエラーメッセージや、メール通知などで使われる、システムの標準の言語を設定する機能。
  • 「組織とユーザーの設定」画面で、使用中のユーザー、または停止中のユーザーを絞り込む機能。
  • サイボウズドットコム ストアで契約したユーザー数が、実際にサービスを利用しているユーザーの数と異なっている場合に、警告を表示する機能。
  • 第一階層の組織が多い場合の、一部の画面表示の高速化。

変更された仕様

  • CSVファイルを使わずに、画面上で組織、グループ、および役職に所属させることができるユーザー数の上限を変更。
    変更前:1,000人
    変更後:10,000人
  • 未反映の「組織の事前設定」がある場合に、「データ移行の許可」画面に、データを移行できないことを示す警告を表示するように変更。

改修された不具合

  • ユーザーの画像にキャッシュが効かず、ログインするたびにユーザーの画像がダウンロードされてしまう。
  • 複数の環境で同時にcybozu.comに自動ログインをしようとすると、いくつかの環境でログインに失敗する場合がある。