Garoon

Garoon業務診断レポート

社員の社内コミュニケーション量や業務時間を、
Garoonの利用状況を通して可視化します。

社内にこのような課題はありませんか?

  • Garoonの利用状況を見える化したい
  • 組織間に壁があり、情報共有に課題を感じる
  • 社員の働き方がなかなか改善できない

「Garoon業務診断レポート」で社内がわかる

「Garoon業務診断レポート」はGaroonのご利⽤状況をレポートするサービスです。
以下のようなことがわかります。

1

よく見られている
情報がわかる

よく使われている機能や情報を把握し、利用促進に活用できます。

2

コミュニケーションの
状況がわかる

コミュニケーションのボトルネックを見つけ、改善策の検討に活用できます。

3

労務状況がわかる

働き過ぎの社員が分かり、人員配置の適正化に活用できます。

「Garoon業務診断レポート」の内容

01

Garoon利用レポート

アプリケーション別の利用人数

Garoon全体の利用状況をレポートします。例えば以下のようなデータが見られます。
・Garoonへのアクセス数の月別推移
・各アプリケーションの利用者数
・よく閲覧されているコンテンツやファイル

02

チームワーク(共同利用)レポート

ファイルの共同利用状況

Garoon内のコミュニケーション状況をレポートします。例えば以下のようなデータが見られます。
・コミュニケーション機能の利用状況
・スペースやメッセージの複数人での利用状況
・スケジュールの複数人での利用状況

03

労務診断レポート

時間帯別利用状況

ユーザーの勤務状況をレポートします。例えば以下のようなデータが見られます。
・ユーザーがGaroonへアクセスした時間帯や曜日
・長時間Garoonへアクセスしているユーザーランキング

ご利用いただいたお客様の声

製造業 1000ユーザー
Garoon活用プロジェクトの一環として、社内のリーダーたちと作成したポータルが意外なほど利用されていると分かり、プロジェクトを進めていく後押しになりました。
卸/小売 2500ユーザー
レポートを経営会議で見せたところ、社内の情報共有や活用について話すきっかけになりました。データがあることで建設的な議論ができ、顧問から「よい時間だった」と言っていただきました。
製造業 100ユーザー
メンバーの認識合わせのため、客観的なデータがあるのは助かりました。

ご利用中の方向けページ

アップデート情報やマニュアルサイト、よくあるご質問、
お問い合わせ先などの情報をまとめています。