きめ細かな管理機能でメンテナンスもばっちり!

煩雑なユーザー情報管理も一元管理!

Garoonのユーザー情報は、複雑な組織情報の管理にも対応!

Garoonのユーザー情報では 組織に対応した情報と、組織とは異なりユーザーからは見えない「ロール」情報を登録することができます。

ロール活用例
「ロール」では、組織とは別のプロジェクトや勤務形態に応じたユーザー情報を管理することができます。
例えば、「役員」「部長」「秘書」などの役職や、「派遣社員」「協力会社」といった属性別の「グループ(ロール)」を作成し、所持させることができます。
また、表示優先順位機能ではユーザー情報の一覧表示やユーザー選択時、役職や役割に応じた表示順番をコントロールすることができます。
※cybozu.com共通設定画面のグループ(ロール)には「静的グループ」と「動的グループの」2つの種類がありますが、Garoonシステム管理のロールには「静的グループ」だけが反映されます。

セキュリティを確かにする!きめ細かなアクセス権制御

「ユーザー」、「組織」、「ロール」を対象に、きめ細かなアクセス権を設定することができます。
アクセス権の設定方法は、 GRANT (許可の対象を選択する)、 REVOKE (制限の対象を選択する)の2種類から選択できます。

2つのセキュリティモデルの活用例
  • 「正社員」のみが閲覧できるファイル管理の「売上」カテゴリを設定する ファイル管理の「売上」カテゴリのセキュリティモデルに GRANT を選択し、「正社員」ロールの閲覧権を追加する。
  • 「派遣社員」には見えない掲示板の「人事情報」カテゴリを設定をする 掲示板の「人事情報」カテゴリのセキュリティモデルに REVOKE を選択し、「派遣社員」ロールの閲覧権を追加する。

管理者の負担はかけません!充実の管理権限委譲機能

システム管理権限、およびアプリケーションごとの運用管理を個人または任意のグループへ委譲することができます。
組織内で完結する業務は、運用管理ごと委譲することができます。

運用管理権限の委譲の活用例
  • 「ワークフロー」申請フォームのメンテナンスを総務部門、経理部門に委譲する
  • 「ポータル」の編集権限を広報部門に委譲する