機能確認をして運用イメージをもっていただいたら、いよいよ導入へ向けて社内説明です。
これまでクラウド版Garoonを導入いただいたお客様からの声を元に導入の決め手となったポイントを整理しました。

クラウドで変わること

必要なときに必要な人数分だけスグ使える

お試しで実感いただいたとおり、お申し込みから最短5分でお客様の専用環境が準備されます。ハードウェアやバックアップなど環境についての準備や検討が不要となるため、ユーザー登録をしたその日から本運用としてご利用いただくことが可能です。

最低契約期間は1ヶ月から。期間限定プロジェクトや本番運用のスモールスタートなど短期間の利用にも柔軟に応えます。

ユーザー追加は1ユーザー単位、画面での申し込みを即時反映しますので、余分なアカウントを契約することなく、変化の速いビジネス環境に適応できます。

さらに、お試しでご利用いただいた環境を、本運用へと切り替えることも可能です。お試しで設定した組織、ユーザー、アクセス権などをそのまま本運用へと切り替えることで、安心してカットオーバーを迎えることができます。

強固なセキュリティを標準装備

安全にクラウド環境をご利用いただくため、常時SSLや、IPアドレス制限、BASIC認証を無料で提供しています。 また「cybozu.com」は、お客様ごとにサブドメインを発行し、独自のログインURLでご利用いただけます。

モバイル端末からも簡単アクセス

複雑なネットワーク設定や追加料金なしで、スマートフォンやタブレットなどモバイル端末からの接続を行うことができます。
スマートフォン向けには、専用アプリケーション「サイボウズ KUNAI」をご用意。快適な操作性で、スケジュールやワークフロー機能を利用できます。

画像を拡大して表示する

サーバーやソフトウェアの運用管理の低減

常に最新バージョンのサービスをサイボウズが管理するデータセンターでご利用いただけますので、バージョンアップ作業は必要なくなります。バックアップや障害対応など、サーバーの運用作業は不要です。バックアップや冗長化をデータセンターに任せることで データ消失などのリスクも低減できます。

システムにかかるコストは、一見社内で運用したほうが安価に見えますが、これらのことを踏まえて既存システムでの運用とクラウド版のコスト比較してみると、クラウド版のほうがコストダウンにつながります。

クラウドサービスでの運用は、「ハードウェアやシステムインテグレーションなどの初期費用」、「安定運用・障害対応を見据えた冗長化やバックアップなどの運用コスト」、さらに「長期利用に伴うバージョンアップ作業やサーバーリプレイス」など、今までかかっていたコストへの投資も不要になります。

Garoonなら、これらのコストを含めて、1ユーザーあたり月額845円(税抜)から利用できます。

ユーザー数×5GBのディスクスペース

「cybozu.com」の各サービスは、標準でユーザー数×5GB分のディスクスペースをご利用いただけます。
容量が足りなくなった場合も、10GBあたり月額 1,000円(税抜)の低価格でディスク容量を追加できます。

導入のお手伝いをさせていただきます

社内へのご説明など、導入に向けたご支援をさせていただきます。
ご不明な点がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。